日本人独特の弱点を認識して理解することから始めれば英語力は伸びる

日本人が英語を話せるようになるには?

言いたいことが口から出てこなかったり、うまく伝わらずイライラしたり、抽象的なことしか話せず会話が途切れ恥ずかしい思いをしたり、もっとうまく話せるはずなのにミスへの恐怖心から話せなくもなりました。そのとき今までやっていた英語と実践の英語はまったく別ものだということに気づきました。
出典:https://ryotoeikaiwa.net/

 

優秀な教師に恵まれれば生徒はどんどん伸びますが、そうでない教師にあたれば逆に悪影響を与えます。小学校で英語教育をする人材が適切ではない場合、子供は英語や異文化間コミュニケーションに対して無関心になる可能性が高く、場合によっては苦手意識を持ってしまうことになります。
出典:https://studywalker.jp/english/article/192132/

 

英語を勉強する上で、日本人には日本人独特の弱点があります。英語を話せない(通じない)理由があるのです。まずこれを理解しましょう(後述)。弱点をしっかり認識した上で学習に取り組めば、日本人の英語も必ず伸びていきます。
出典:http://english-grammar-in-use.infonzplus.net/improve-your-english/

 

過去受けてきた小中学校の学習法では英語力アップは見込めない

根本的に言語学上、日本で英語を学習しているほとんどの人の用いている英会話勉強法、英語学習法などでは英語ができるようにならないのです。当然、英会話スクールなどでも同じです。
出典:https://www.drteruki.com/

 

韓国のとあるビジネスマンの話だったのですが、その彼は会社の昼休みの間、少しの空き時間を使って電話で英会話の練習をしています。そんな彼のような学習スタイルを応援する英会話サービスが韓国には多いようです。
出典:https://eigolessonreview.com/column/1389.html

 

発音の勉強と言っても発音記号の勉強ではなく、文章の中で単語の音が変わったり、消えたりする際のルールのようなものを勉強しました。例えばbetterという単語はよくbedderという音になります。これが英語における音のルールの例です。これを勉強しました。
出典:https://atsueigo.com/change-myenglish/

 

自分の声で自分の耳に英語を聞かせる

「例文で文章化」する時には、自分の知識データベースから例文を探して英語の文章を作るという作業が発生する。しかし、仕事の会話では、例文だけでは対応しきれない。そのため、「単語+文法で文章化」するのが効果的だ。
出典:https://ddnavi.com/review/523672/a/

 

皆さんが使ってしまいがちな「maron(マロン)」は、フランス語で栗とよく似た“トチノキ科の木の実”を指す「marron(マロン)」が由来。英語で“栗”と言いたいときは「chesnut(チェスナット)」が正解です。ちなみにアメリカで「マロン」と言うと“ザリガニ(marron)”を意味するので要注意!
出典:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8832768

 

何度も何度も英語を音読して繰り返すことで、自分の声で自分の耳に英語を聞かせていく。そうやって英語の音を一つ一つ自分のモノにしていく。間違っても聴きながすだけの教材を手にとってはいけない。きちんと生の英語音声を聞いて、音読を繰り返そう。
出典:https://www.stay-minimal.com/entry/englishhowto