若々しい肌を保つ為には高級クリームを顔に塗るより食生活を見直す方が効果を期待できる

自分の身体の状態を把握してからスタート

アンチエイジングって、何から始めたらいいのかわからない、という声を聞くことがあります。でも、服を選ぶのにクローゼットの中身を把握してから、足りないものを買いに行くのと同じ。まずは自分の身体の状態を把握しないと、なにをどうしたら今より元気になれるのか、老けにくい生活を送れるのかわからない。
出典:https://www.vogue.co.jp/beauty/expert/2018-05-01

 

プロリンはタンパク質を構成する成分の一つでですが、コラーゲンの生成に深く関与する特徴があります。こうしたことから、プロリンを日常的に摂取すると、肌が潤い成分で満たされる効果も働いて、次第に若々しい状態に変化していくと言われています。
出典:http://www.lavolte.jp/blog/?p=99

 

人が年をとると、ホルモンの産生を調整している脳下垂体の機能が低下してきます。するとホルモンは減少し、それによって様々な老化の兆候が現れてきます。ホルモン補充療法は加齢によって低下したホルモンを若いころのレベルに戻すことで、老化の兆候をなくし、病気を予防するアンチエイジングの療法です。
出典:https://www.matsukura-clinic.com/trouble/antiaging/

 

高級クリームを塗るより食生活を見直す

メープルシロップには豊富なミネラルだけでなく、67種類ものポリフェノールも含まれています。ポリフェノールは植物の苦味や色素の部分で、抗酸化作用が強く、活性酸素を取り除く働きがあり、しみやそばかすなど紫外線による活性酸素を取り除く美肌効果や、血流を良くするなどの効果が期待できます。
出典:http://www.megalos.co.jp/blog/archives/1932

 

Orange Appeal

年を重ねても若々しい肌や体を保ちたい? それなら高級なクリームを買うよりも、食生活を見直すことから始めよう。クリームはシワやシミにある程度効果を発揮するかもしれない。しかし皮膚科医たちが勧めているのは、アンチエイジング効果のある食べ物を摂取することだ。クリームを塗るよりも効果が期待できるという。
出典:https://www.huffingtonpost.jp/2016/07/26/5-vitamins-age-fighting-power_n_11192348.html

 

ALAはほうれん草、かいわれ大根、ピーマンなど緑黄色野菜や醤油、酢、赤ワインなどの発酵食品など多くの食品の中に含まれており、食事を通じて摂り入れることも可能ですが、食品に含まれているALAは微量で、バランスのよい食事を心がけても1日に2mgのALAを摂取するのが難しいのが実情です。
出典:http://www.5-ala.jp/shop/guide/about_ala.aspx

 

サプリメントに副作用が無いというのは間違い?

通常サプリメントは口から摂取する経口タイプが一般的。ところが飲み忘れてしまったり、1日数回常用する場合は持って出かけるのを忘れてしまったり。また水がないと飲めないタイプのものだったりすると、続けるのが難しいという方も多いでしょう。そこで登場したのが貼るタイプのサプリメント!
出典:http://islandtime-guam.com/ja/news/shop/post-155/

 

薬には副作用があり、サプリメントに副作用がないと信じることが本来間違いで、ハーブ類には副作用もありますし、本来、体にとって必要不可欠なビタミンやミネラルでも飲み方を誤ると過剰症が起こることもあります。
出典:https://www.tanaka-cl.or.jp/anti-aging/chance/supplement/choose/

 

ダマスクローズの成分が、女性のホルモンバランスを整え、ストレスを緩和するなど、身体の内側に働きかけます。生理痛や生理前のイライラ、更年期障害、出産後の不安定な精神状態などを改善、幸福感や高揚感をもたらします。
出典:https://www.n-rosary.com/product/damask-beauty/